みなさんは「ウグイ」を食べたことがありますか?
魚釣りにおいて一般的に「外道」と言われ、釣り上げた瞬間「なんだ、ウグイか…」と落胆されてしまう存在です。

味も世間からは「まずい」と評されている魚ですが、食べてみないことにはわからない!

はたしてウグイは本当にまずいのか!? 
「よく釣れるウグイが美味しかったらいいのに…」
という切なる希望を胸に、釣竿を握りしめ川に出かけました。

ウグイとは?

ウグイは全国に分布するコイ科の淡水魚。
生息地は上流〜下流の河川全域からダム・湖まで幅広く、水が綺麗ではない場所や海でも生きていける、強い生命力を持った魚です。大きさはなんと60cmを超える場合も!

最近釣った35cmほどのウグイ。大きいだけあってなかなかいいファイトを楽しませてくれます。

生息地が幅広く、どこでも簡単に釣れちゃう魚です(笑)。しかし、マスやイワナなどの魚を狙っている際に釣れてしまうことが多く、釣り人からは「外道」と呼ばれ嫌われていたり、さらには味の評価も「小骨が多い」「泥臭い」「水っぽい」などと言われ評判はイマイチ。不憫なやつだ…。

ウグイを釣りに川へ

しかし味においては実際に口にしないとわからない! また、ウグイは郷土料理として親しまれている地域もあるらしい。「ウグイはきっと美味い!…はず…」そんな希望を胸に川へ。

おかずがうじゃうじゃ泳いでいますわ! ウグイはもちろんハヤやアユ、型のいいヤマメかアマゴの魚影も確認!

ウグイは雑食性なので、ソーセージやパンなどでも釣れるらしい。
しかし、「あわよくばニジマスやアマゴも釣りたい」という浮気心もあり(笑)、餌はぶどう虫(イモムシ)をチョイス。

草が生い茂る、さほど川幅が広くない支流で釣り糸を垂らす。

すると、ものの数十秒で目的のウグイが釣れてしまいました(笑)。

けどせっかく遊漁券も買ってることだし、もうしばらく釣りを楽しむことに。

「ニジマスでも釣れないかな〜……」そんな淡い期待を胸に竿を振ること数十分……。

なんと人生初の尺(30cm)越えのヤマメをゲット!クッソ嬉しい。釣りに来てよかった……。

しかしながら今回の主役はウグイ今の自分にとってはヤマメは外道だ(笑)。
「またもっと大きくなったら俺に釣られてくれ」と唾をつけておいてリリースしました。

その後、ウグイを3匹、アマゴ、アブラハヤ・タカハヤなどを数匹釣り上げました。最終的にウグイを2匹持ち帰ることに。

レッツクッキング!

持ち帰ったウグイ。非常に生臭い(笑)。でも釣り上げた川はそんなに汚い場所でもなかったし恐らく大丈夫だろう……。そもそも魚は生臭いものだ!

事前情報として、小骨の多さや水っぽさが特徴の魚と聞いたので、水気を飛ばし、骨ごと食べられる天ぷらにすることにしました。

ワタをとって鱗を剥がす。頭を落としたら下準備は完了。衣につけてじっくり揚げるだけ。

「ジュワ〜……」

うんうん、いい匂いがしてきたぞ!
油をキッチンペーパーで拭き取り、塩をかけたら完成だ!
楽しみ楽しみ♪

ウグイ、いざ実食!

カラッと揚がったウグイちゃん。
「ついさっきまで生きてたんだよな……」とセンチな気持ちになりながらも、自然の恵みに感謝して……

いただきま〜す!

「サクッ!」、「フワッ!」、「ジュワ!」
衣の軽快な食感を通り抜け、柔らかい舌触りの身にたどり着く。そして、衣の油がしみじみと口全体に広がっていく……。

うん、これは美味いぞ!
味は淡水魚らしい淡白な味! ニジマスに近いのかな? ぜんぜんイケる。強いていうなら、下調べ通り小骨が多く、皮に若干の魚臭さを感じるが、これは僕の料理のスキルが未熟だからだろう。

今回は天ぷらで味わいましたが、骨の多さを解消するために、次回は唐揚げにして味わってみたい。また、ウグイ本来の味も知りたいので塩焼きにも挑戦してみたい。

というかぜんぜん美味いのに、どうして市場に出回らないんだ? 味にムラがあるのかな? それともアユやイワナが美味すぎるから? もしくは「まずい」というウグイへの一般的な固定概念からなのか? いずれにしろ不憫だ……。

ウグイよ、いつもありがとう

今回釣ったウグイは比較的綺麗な川で釣りました。水質が悪い下流やダムなどで釣ったらもしかしたら結果は違ったかもしれません。もしかしたらサイズや時期によっても味が違うのかも?

不憫な扱いを受けることが多いウグイですが、気軽に釣れることから僕みたいな釣り初心者を楽しませてくれる存在です。

今回実際に口にしたことで、よりウグイへの愛が高まりました!(笑)
I LOVE ウグイ! いつもありがとう!

ぜひ皆さんも、ウグイを釣り上げた際は、一度食べてみてはいかがでしょうか?ウグイへの印象がきっと変わりますよ!